menu

ブランド属性/ブランディング用語

公開日:2017年01月18日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:,

 

lgf01a201304241400ブランドのキャラクターは、アイテム、サービス、ビジネスの名前に関連した人間の機能として正式に定義されていますが、それはブランド名を記入するのに使用された形容詞のための唯一のブランドスピークです。だから、文字通り、ブランド文字属性はブランド形容詞です。 IBMは時々Olderとして、AppleはYoungerとして認められます。確かに、アップルは、ブランド性の特徴、すなわち、進歩的でファッショナブルで本能的で、カジュアルで、カジュアルで、簡単に、そして友好的であることから、ほぼ完全に知られています。ブランディングの専門家は、企業の性格を暴くために、さまざまなツール、テクニック、トリックを活用しています。これはブランドで最も有名な演習の一つです。

あなたの組織が自動車であるかどうか、自分がどのようなタイプの車両になるか自問自答してください。どうして?特定のものを取得し、年、メイク、モデル、色を決定します。あなたの組織が有名な有名人だった場合、誰がそれを、なぜそうするのですか? Wilford Brimleyのような俳優でしょうか?またはBrett Farveのようなスポーツアイコン?おそらくオプラのような人ですか?あなたの組織とどのような特徴を共有していますか?ある信用組合の広告会社が自分のサイトでこの練習をどのように設定するかを見ることができます。リチャードブランソンのヴァージンブランドは、反逆の原型の素晴らしい例です。この種の練習は、ある信用組合の最高経営責任者(CEO)が、自分の組織が介護者の性格を持っていることを発見した方法です。実際にブランディングアーキタイプに深く浸るには、この本を購入するか、この非常に狭い分野のマーケティングに重点を置く多くのアドバイザーの中から雇用する必要があります。あなたの目を閉じて、あなたのビジネスブランドがあなたの横に座っているあなたの経営陣の仲間である本当の個人であると想像してください。

 

A brand’s character is officially defined as some human features connected with the name of an item, service or business, but that’s only fancy brandspeak for Adjectives used to spell out a brand. So, quite literally, brand character attributes are Brand adjectives. IBM sometimes appears as Older, while Apple is recognized as Younger. Indeed, Apple is nearly known completely because of its brand character attributes – progressive, fashionable, instinctive, cool, casual, easy going and friendly. Branding experts utilize a number of tools, techniques and tricks to tease out a company’s character. This is among the most famous exercises in branding.

Ask yourself whether your organization was an auto, what type of vehicle would it be? Why? Get particular, and determine the year, make, model and colour. In case your organization was a famous celebrity, who’d it be and why? Perhaps an actor like Wilford Brimley? Or a sports icon like Brett Farve? Perhaps someone like Oprah? What traits do they possess which are shared with your organization? It’s possible for you to see how one credit union advertising company sets this exercise to work at their site. Richard Branson’s Virgin brand is a fantastic example of the rebel archetype. This kind of exercise is how a Chief executive officer of one credit union discovered that his organization had the Caregiver’s character. To actually dive deep into branding archetypes, you will most likely need to purchase the book, or employ among the many advisors who focus on this one very narrow field of marketing. Close your eyes and imagine your business brand is a real individual – an associate of your management team who’s sitting right beside you.