menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

URLパラメーター | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月21日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

url parameter

Ruby on Railsは、URLパラメータを読み込むだけでなく、渡すことができる限り、かなり役に立ちました。URL変数が簡単な文字列として渡されるというのは非常に一般的な認識です。

まず、イラスト付きのRailsで渡すパラメータについて学ぶ必要があります。リスト1は、近傍のマシンでホストされている受信側サーバーに送信されるいくつかのパラメーターを含むURLを示しています。技術の作成のガイドラインは作成していますか。通常、URLパラメータは、Name = tom&age = 21というイラストのように、単純な名前の値のペアとして送信されます。Railsでは、ガイドラインはいくつかの名前の値のペアとして送信されます。Railsは、パラメータの受け渡しを容易にし、ガイドラインをモデルオブジェクトおよびモデルの特性で修飾することによって、オブジェクトのリレーショナルマッピングを作成します。Railsを使用すると、ユーザーはパラメータとして一連の値を送信することもできます。

リスト1では、値Arr = 3は配列を表します。配列の名前はArrだけでなく、添字0,1の値と同様に2です。各URL変数は、HashMapのカップルとしてRails内部で表現されます。これは、URLパラメータが何も送信されず、単純な文字列であるという通常の考え方に反する可能性があります。上記の例では、HashMapとしてのガイドラインの内部マッピングは図1のようになります。図1から、Railsは主要なURL変数をバイタルと値を含む単純なHashMapにマップすることが簡単に分かります。

渡されたパラメータIdに対して、値15は値セクションに直接保持されます。配列Arrは、パラメータUserと同様に扱うことができます。URLのガイドラインとRailsのガイドラインの慎重な調査は、リスト2のスニペットに示されているように、ユーザーがこれらのガイドラインを素早く通過するのを助けます。リスト2の例では、URLパラメータが実際にある場所です解析される。Railsでは、URL変数はデフォルトオブジェクトParamsに格納されます。Paramsにはハッシュデータ構造があります。

Ruby on Rails has been rather helpful as far as passing as well as reading URL parameters are concerned. There is an extremely common perception that the URL variables get passed as an easy string.

First, you need to learn about parameter passing in Rails with an illustration. Listing 1 shows a URL with some parameters being sent to the receiver server that has been hosted on the neighborhood machine. Are the guidelines to the technique Create. Normally, the URL parameters are sent as some straightforward name value pairs, as in the illustration Name=tom&age=21. At the Rails conference guidelines are sent as some name value pairs. Rails facilitates parameter passing as well as makes the object relational mapping by qualifying the guidelines with the model object as well as the model characteristics. Rails allows the users to send a range of values as parameters as well.

In Listing 1, the values Arr =3 represent an array. The name of the array is Arr as well as the values in the indices 0, 1, as well as 2 respectively. Each of the URL variables are represented internally in Rails as a couple of HashMaps. This can be contrary to the usual notion that URL parameters are sent as nothing, but a simple string. In the instance mentioned above, the internal mapping of the guidelines as a HashMap will be as illustrated in Figure 1. It may be quickly seen from Figure 1 that Rails maps the primary URL variables in a simple HashMap containing a vital and a value.

For the parameter Id that’s passed, the value 15 is kept directly in the value section. The array Arr can be treated likewise to the parameter User. A cautious investigation of the URL guidelines and the way Rails structures these guidelines assists the user pass these guidelines quickly, as demonstrated in the snippet in Listing 2. At the instance mentioned in Listing 2, Line 1 is the place where the URL parameters are actually parsed. In Rails, the URL variables are stored in the default object Params. Params has a Hash data structure.