menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

ローカルブランド/ブランディング用語

公開日:2017年01月30日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

 

 

gf01a201503051600多くの人々が地域の会社を考えるとき、彼らは近所の店または母とポップの飲み物を想像します。ますます今日、グローバルブランドは、デジタルツールを活用して、地元企業の心臓部にある妥当性と対応力を奪取するようになっています。特に保護的なモントリオール地区に新しいスターバックスがオープンする見通しは、この討論をブランドの最先端にもたらしました。数万人の人々が、モントリオールのリトルイタリー地区の信頼できる近隣の出会いと地域のカフェを傷つけることなく、世界の巨人を維持して、新しいスターバックスが大切なジャンタロン農家市場の近くで開店することを中止するよう要求しました。

提案された場所から道を渡ってすでにMcDonald’sがあるという真実は、注意を逃れるように見えます。おそらく、地元の状況に合わせて特定の場所を開発することに関して、最もよく知られているブランドであるスターバックスは、このブランドの地域には適していない国際ブランドのいたずらに呼ばれています。スターバックスは現地の状況に合わせるのに大変な時間を費やしますが、23,000人以上の店舗でローカルな変更を行うことは困難です。スターバックスのローカルのコンセプトは、他のすべてのスターバックスのブランドの永続性と、近隣のJavaの場所の地元の味の両方を持つ可能性があるように、顧客が歩き回っているように見えるようにして、

これは、Javaジャイアントが最も近いStarbucksがStarbucksのように感じさせるためにデジタルを使用する場所です。スターバックスは、地元の文化的なニュアンスに対応するために、慎重に身体的な場所をデザインしています。中国では、地元の嫌いなコーヒーと豆腐のようなコーヒードリンクを持ち込むことで闘った。北米では、スターバックスのブランドやロゴは含まれていないステルス店舗や、ホスト詩の読み物を開設しようとしていますが、独立ブランドのコーヒーを好む人に印象を与えるよう努力しています。この地域の洗濯戦略はいくつかのケースで裏目をつけた。

大規模な米国の都市では、個人やカップルがコーヒーを買うために1つのファイルに入ったり、大きなテーブルの中で見知らぬ人の隣に座っていても構いません。アジア諸国では、スターバックスは店舗をより多くの個人グループに対応するように設計し、より使いやすいテーブルとチェアを備えたより柔軟な座席同意書を作成しています。彼らは無料の誕生日のJavaとあなたの近くの店についての通知のような個別の特典を持つ情報の喪失に報います。自分のアプリケーションを通じて購入するスターバックスの顧客パスは、最適化されたオンラインからオフラインの経験の良い例です。

When many people think of an area company, they imagine the neighbourhood store or the mother and pop eatery. Increasingly more today, global brands are placed to utilize to digital tools to seize the relevance and responsiveness that’s in the heart of local companies. The prospect of a brand new Starbucks opening in an especially protective Montreal neighbourhood has brought this debate to the cutting edge for the brand. Tens of thousands of people have signed a request to discontinue a brand new Starbucks from opening near the cherished Jean Talon farmers market, maintaining the global giant will cheapen the Reliable neighbourhood encounter and hurt area cafes in Montreal’s Little Italy area.

The truth that there’s already a McDonald’s across the street from the proposed location appears to escape notice. Starbucks, arguably most likely the most aware brands with regards to developing specific locations to local circumstances, is getting called out as an international brand bully, not fit to run in this Local enclave. Starbucks goes to great lengths to match into local circumstances, but it hard to scale local modification across their 23, 000+ stores. The concept of Local for Starbucks should squeeze into an international context by making their customers look like any location they walk into may have both the brand persistence of every other Starbucks, as well as the local flavour of their neighbourhood java place.

This can be where the java giant uses digital to make clients feel like the closest Starbucks is Their Starbucks. Starbucks cautiously designs their physical places to cater to local, cultural nuances. In China, the company combated a local dislike of coffee by bring in coffee free drinks like a red bean frappucino. In North America, the brand has tried opening Stealth stores that don’t include the Starbucks branding or logo as well as host poetry readings, within an endeavor to make an impression on individuals who prefer becoming their coffee from Independent brands. This Local washing strategy backfired in several cases.

In large U.S. Cities, the design panders to individuals or couples coming in single file to purchase their coffee and leave, or who do not mind sitting next to a stranger in a big table. In Asian nations, Starbucks designs their stores to cater to larger groups of individuals, creating a more flexible seating agreement with more easily portable tables and chairs. They reward the forfeit of info with individualized perks, like a free birthday java and notices about stores near you. Starbucks client path to buy through their application is a good example of an optimised online-to off-line experience.