menu

外部ブランディング/ブランディング用語

公開日:2017年02月02日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

807e546e7f62959b2251cfb7b82363b1_m

Rightブランドの言語を見つけて理解し、使用することは、マーケティング担当者に多くの混乱を引き起こしています。広告主、ブランドコンサルタント、ブランド開発者、ブランド調査のための市場調査担当者が使用する言語を簡素化しましょう。彼ら自身を区別しようとする試みでは、これらの専門家は、他の誰もが提供しているものと基本的に同じブランドのコンポーネント、技術、手順であるために、現在、トレーニング起業家の間で多くの注目と間違いを抱えているように見える分野の1つは、ブランド用語、社内ブランド、社内ブランディング、従業員の雇用者ブランドです。

ブランドとは、期待される利益の一貫した提供に基づいて、訪問者との長期的な関係にすぎません。これは、ブランドエキスパートが過去数年間使用していたものとほぼ同じ記述になります。ちょうどあなたが積極的にあなたのブランドを強調するように指示していない場合は、それは固体のブランドではないかもしれませんし、あなたがそれが欲しいものではないかもしれません。あなたがする必要があるのは、あなたのクライアントに尋ねるだけで、あなたのブランドについて伝えることだけです。あなたの会社が所有する他のすべての資産と同じように、会社の成果に対するストレスを積極的に抑える必要がある企業資産であることがわかります。

従業員ブランドは、反対側に、あなたが労働者を引き付けて保持するために利用するブランドです。従業員ブランドは、それが関連する外部ブランドとは異なる可能性があります。しかし、あまりにも多様ではなく、信用できません。 Virgin AirlinesまたはSouthwest Airlinesに、静かで控えめで厳格な労働者ブランドを持たせることは難しいでしょう。非常に伝統的なブランドが、明らかに若くてヒップな従業員ブランドを利用して労働者を引き付けることは信頼できません。あなたの従業員ブランドは、顧客や市場に直面しているブランドに関連している必要がありますが、確かに異なる感情的で実用的な利点を提供します。

従業員ブランドに関連する利点は、安定性、公正な補償、優れた利点、およびトレーニングであり、ブランド利益を体験している市場は、ブランド接続に内在する実用的で心理的な保証に関係します。あなたがワーカーブランドを持っているかどうかについては、もう一度、心配しないでください。あなたの会社に従業員を雇って従業員を雇った場合、従業員のブランドを持っています。あなたのストレスを制御することはできません – それはあなたが必要とするものではないかもしれませんが、あなたの従業員とあなたの潜在的な雇用者に尋ねると、彼らはあなたの従業員のブランドについて教えてくれます。

Finding, understanding and using the Right brand language is causing lots of confusion for marketers. Let’s only simplify the language being used by advertising companies, brand consultants, brand developers and market research workers around the subject of brand. In attempts to distinguish themselves, these experts have increased the problem by coining their very own language for what’re basically the same brand components, techniques and procedures that everybody else is offering. One of the areas that appears to be pulling a lot of attention and mistake among training entrepreneurs right now are the brand terms, internal brand, internal branding and employee\/employer brand.

A brand is just a long term relationship you’ve with your visitors, based on consistent delivery of an anticipated benefit. This can be pretty much the same description that brand experts happen to be using for the last few years. Just in case you’ve not been actively commanding your stresses your brand it might not be a solid brand and it might not be what you’d like it to be. All you need to do is ask your clients plus they’ll tell you about your brand. You may find that the brand is a corporate asset you need to be vigorously restraining your stresses for company results, just like every other asset your corporation owns.

An employee brand, and on the flip side, is the brand you utilize to attract and retain workers. An employee brand can be different from the external brand it’s related to – but not too diverse or it won’t be credible. It’d be difficult To get Virgin Airlines or Southwest Airlines to have a worker brand that’s staid, conservative and rigid. It’d not be reliable for a very traditional brand to attract workers utilizing an employee brand that’s overtly young and hip. While your employee brand should be related to your customer or market facing brand, it’ll definitely deliver different emotional and practical benefits.

The advantages associated with a worker brand could be stability, fair compensation, good advantages, and training, where your marketplace experiencing brand benefits would relate to practical and psychological guarantees inherent in the brand connection. As to whether you’ve to have a worker brand or not, again, do not worry – you’ve one. In case you’ve employees in your company and hire employees, you’ve an employee brand. You cannot be controlling your stresses it – and it might not be precisely what you need, but if you ask your workers and your potential hires, they’ll tell you about your employee brand.