menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

定量調査/ブランディング用語

公開日:2017年02月04日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

photo_00147

市場調査を検討している個人にとっては、それらを頻繁にトリップする点は、定性的な市場調査と定量的な市場調査の区別です。こうした2つのタイプの研究方法論の間には、このような大きな違いがあります。これらの違いが明確になるまで、市場調査を実施する際の賛否両論を検討することは困難です。質的市場調査は顧客の行動やアプローチの質を理解するのに有益ですが、なぜ彼らは特定のやり方で感じたり行動しますか?定量的研究は、通常、すべての参加者に同じ質問を尋ねる硬直的な調査ツールであり、回答者には事前に定義された回答を選択するだけです。

いくつかの回答カテゴリを提供できるように、研究調査を作成するチームは、定量的な調査を行う前に、回答者の感情や処分について十分に知識を持っていなければなりません。定量的な市場調査の利点は、個人的な嗜好や人々の満足度を比較して、重要な結果をもたらす相互関連要素を理解することが可能であるという事実です。定量的な調査研究には、通常は数百人または数千人の参加者があり、通常は対面していない、より多くの参加者が含まれます。典型的な定量的市場調査手法の例には、電話インタビュー、ウェブまたは電子メールのアンケートが含まれます。

定量的研究は、被験者の要約を含み、詳細な対話が少ないため、通常は短くなる傾向があります。平均的な定量的研究では、被験者は10分または20分かかる場合があります。定性的研究は、通常、構造化されていないため、主題や製品カテゴリーに存在する可能性のある新しい態度や見解を明らかにするために、より多くの探索的または指向的なものとして頻繁に記述されています。定性的なものはより自由な形で記述されることがありますが、頻繁にそれについて好きなような幅広い質問があります。またはあなたの理想的な製品はどのように見えますか?質的研究における回答者の質問には、特定の回答が含まれていない場合もありますが、回答者は自分の言葉で質問に答えるだけです。クライアントが制約や提案なしに自分の言葉で答えられるようにすることは、統計分析を困難にするにもかかわらず、表面の下で働く可能性のある要素を明らかにする傾向があります。質的研究はしばしば対面して行われ、典型的な定性的方法論にはフォーカスグループ、深いインタビュー、電話による議論が含まれています。

For individuals considering market research, a point that frequently trips them up is the distinction between qualitative and quantitative market research. There are such significant distinctions between these two types of research methodologies it is difficult to consider the cons and pros of conducting market research until these differences are made clear. While qualitative market research is useful for understanding the quality of a customer behavior or approaches – why do they feel or act in a particular manner. Quantitative research is a stiff research tool that normally asks every participant the same set of questions, usually letting the respondent only to select out of an organization of pre defined responses.

To be able to provide some answer categories, the team writing the research study has to have a great knowledge of the respondent’s emotions and dispositions before conducting quantitative research. The advantage of quantitative market research is the fact that it’s possible to compare the personal tastes or satisfaction degrees of groups of people to comprehend the inter related elements that drive essential results. Quantitative research studies usually include far more participants – frequently hundreds or thousands of participants and aren’t typically done face to face. Samples of typical quantitative market research methodologies include: telephone interviews, web or email questionnaires.

Quantitative studies also provide a tendency to be shorter usually since they involve a summary of a subject and less of a detailed dialogue – an average quantitative study could take a respondent 10 or 20 minutes to finish. Qualitative research is usually much less structured, and is frequently described as being more Exploratory or Directional since it seeks to uncover new attitudes or views that might exist toward a subject or product category. Qualitative might be described as more freeform, frequently with broad questions like What do you like about that? or What would your ideal product look like? Frequently questions asked of respondents in qualitative research do not include specific answers, instead they simply push the respondent to answer the questions in their very own words. Allowing clients to answer in their very own words, without restriction or suggestions, does have a tendency to uncover factors that can be working beneath the surface, even though it also makes statistical analysis difficult. Qualitative research is frequently conducted face to face and typical qualitative methodologies contain focus groups, in depth interviews or telephone discussions.