menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

ブランドの意味/ブランディング用語

公開日:2017年02月18日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

lgf01a201403110800

ブランド戦略の要素とその創造方法について学びます。ブランド戦略は、企業が現在の顧客となる顧客の心の中にある特定のイメージを作成するために使用する公式な計画です。ブランド戦略の結果、個人はビジネスに関する特定の感情や意見、つまり購買意思決定を促す感情を発揮します。より強力な個人がブランドについて感じるほど、ブランド・エクイティはより強力になります。コカコーラ、またはコカコーラが最もよく知られているように、効率的なブランド戦略の包括的な例を提供しています。 1886年に炭酸水と混合され、アメリカ南部のソフトドリンクの噴水で販売されたシロップは、世界的に数十億ドル規模のブランドとなった。

この成功は、コカコーラの人気、信頼性、通常は望ましい、成功するように慎重に計画され、定期的に実施された戦略によって達成されました。コークの公式が発明された直後に、元のコーク社の関連会社の間では、それにもかかわらず、現在使用されているコカコーラのシンボルをデザインした。 Cokeの無料サンプルを入手するためにクーポンを渡して、将来の新規顧客との関係を構築するために、Cokeブランド技術の次の尺度が到着しました。この親切な善意は、コークの最初の広告キャンペーンになりました。コークを獲得するための成功の次の兆候は競争の形になった。

他のソフトドリンクメーカーは、コークの配合を模倣しようとし始めました。競争に対抗するために、コカ・コーラは独自の瓶詰め作業を開始しました。同時に、コークスはネイティブのアトランタの国境の外で売られる可能性があるため、流通ネットワークを構築し始めました。遠く離れた都市での瓶詰め作業では、彼らが手にしていたボトルを使用していたため、コークスはさまざまな形やサイズのボトルで販売されていました。この不一致は、Cokeのブランドの完全性に直面しました。単に、顧客がブランドを持っていることを前提としていました。一定の外観がなければ、ロイヤルティを構築するためのブランド力は低下する。

Learn about the elements of a brand strategy and the way to invent one. A brand strategy is an official plan used by a company to create a certain picture of itself into the minds of current and would-be customers. As a result of brand strategy, individuals develop a specific feeling or opinion about a business-a feeling that drives their purchasing decisions. The more powerful individuals feel about a brand, the more powerful the brand equity. Coca Cola, or Coke as it is best known, offers an all-inclusive example of an efficient brand strategy. What began in 1886 as a syrup blended with carbonated water and sold at soft drink fountains in the American South has become a worldwide, multi billion dollar brand.

It accomplished this success via a carefully planned and regularly carried out strategy geared toward making Coke popular, trusted, usually desired, and successful. Soon after the Coke formula was invented, among the original Coke company associates proposed the name and designed the Coca Cola symbol nevertheless utilized today, including its distinguishing font. That’s where the next measure of the Coke brand technique arrived to play building relationships with prospective new customers by handing out coupons to get a free sample of Coke. This goodwill gesture of the give away became the first Coke advertising campaign. The next sign of success to get Coke came in the shape of competition.

Other soft drink makers started to try to imitate the Coke formula. To counter the competition, Coca-Cola started its own bottling operation. In the same time, it started to build a distribution network in order that Coke might be sold far outside the borders of its native Atlanta. Bottling operations in far away cities used any bottles they’d on hand, which meant that Coke had been sold in bottles of all various shapes and sizes. This inconsistency confronted the brand integrity of Coke-simply put, the anticipation its clients had of the brand. Without a constant appearance, a brand capability to build loyalty is diminished.