menu

ブランド委員会/ブランディング用語

公開日:2017年02月21日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

 

 

lgf01a201307060200

新しい監査は、ネブラスカ州規制委員会が適切な高水準を維持することの重要性をさらに証明しています。小規模の本はどんなビジネスでも大きな驚きではありませんが、より深刻な問題が懸念を引き起こします。今年の春、州監査人チャーリー・ヤンセンが、ネブラスカ州観光局が金銭監督と責任の条件に従うための重要な失敗を説明した監査を開始したのはこのことでした。報酬はそのマネージャーのキャシー・マッキリップを解雇した。 53ページの報告書に挙げられている懸念の中で、国営車両の個別使用、売り手の所有証拠のない牛の売り上げの開始、労働者の懲戒的タイプのバックデート、国が所有していない銃器の州購入。

監査は、犯罪問題が必ず起こったと主張しておらず、監査には局のマネージャー、ショーン・ハーベイ、ブランド委員会の回答が含まれていた。同時に、Janssen氏は、法律違反の可能性があるため、監査結果のいくつかを検事総長室に送って追加分析を行っていると述べた。 1941年に創設されたブランド委員会は、ネブラスカ州の740万ドルの牛部門に必要不可欠なサービスを提供しています。畜産品の査定と窃盗捜査による所有者の盗難から保護しています。 2015年6月に終了する年度には、フルタイム51社と散発的48人の労働者が、340万頭以上の牛を検査しました。ブランド委員会は、観光委員会のように、取締役会が知事の直接統制の話題ではない独立国家企業であることは間違いありません。

A brand new audit provides further proof of the importance of Nebraska state regulatory boards to maintain themselves to the appropriate high standard. Small book keeping errors will not be a big surprise in any business, but much more serious problems give cause for concern. Which was the case this spring when State Auditor Charlie Janssen launched an audit that explained important failures from the Nebraska Tourism Commission to follow monetary supervision and responsibility conditions. The fee wound up firing its manager, Kathy McKillip. Among the concerns cited in the 53 page report: individual usage of a state vehicle, launch of cattle sales earnings without evidence of possession by the vendor, backdating of a worker disciplinary type, and state purchase of ammo for a firearm not possessed by the bureau.

The audit didn’t claim that issues of Criminality had necessarily happened, and the audit included answers by the bureau’s manager, Shawn Harvey, and the Brand Committee board. In the same time, Janssen said he was turning over a few of the audit findings to the Attorney General’s Office to get additional analysis, as a number of the issues involved possible breaches of state law. The Brand Committee, created in 1941, has an essential service for Nebraska’s $7.4 million cattle sector, guarding owners from theft by assessing livestock brands and conducting larceny investigations. At the fiscal year ending June 2015, the company 51 full time and 48 sporadic workers examined more than 3.4 million cattle. The Brand Committee, like the Tourism Commission, is definitely an independent state company whose board isn’t topic to the governor’s direct control.