menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

ディスプレイネットワーク広告(アドワーズ) | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月29日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

display network ads

Googleのショーネットワークは、1日に400万以上の視聴者、月間7億人のユーザー、オンラインの視聴者の80%以上をカバーする大規模なネットワークです。この株式すべてで、いくつかの起業家はショー広告で失敗します。ほとんどのマーケティング担当者は、表示にGoogleのデフォルトの選択肢を使用し、キーワードを追加して何が起こるかを確認します。彼らは広告のポジショニングを支援するために否定的なキーワードを使用しますが、検索キャンペーンから多数の問題をインポートするだけでは、Googleが広告を効果的に助けてくれることはよくありません。

一般に、広告グループ内にはいくつかのキーワードが必要で、ショーには除外キーワードを使用しない場合もあります。これは検索キャンペーンの枢機卿です。過去に、Googleはディスプレイキーワードを選択する主題に基づくアプローチを支持していました。検索キーワードを取り出してショーに出すのが簡単になりましたが、まだ理想的なシステムではありません。キーワードを表示するための優れた出発点は、より幅広い検索キーワードを取り出して、ショーのみのキャンペーンでそれらを複製することです。あなたが本当に必要とするいくつかの否定的なキーワードを持っているかどうかは自由ですが、1000の問題をディスプレイキャンペーンにインポートしないでください。

ディスプレイ広告グループを作成する際は、まず各広告グループの広告とリンク先のウェブページを確認します。このセグメンテーションは、検索と表示の両方で機能します。あなたのキーワードがどれほどうまく表示されているかにかかわらず、キーワードに基づいてディスプレイ広告をターゲットに設定するだけであれば、多数のサイトで広告を見つけることができます。AdWordsでは、多くのターゲット設定が表示されます。プレースメントターゲットを使用すると、Googleディスプレイネットワーク内のウェブサイトで広告の掲載順位を選択し、その特定のサイトまたは広告スロットにのみ広告を表示することができます。

プレースメントターゲットを使用するには、主なキーワードの問題から推測が必要です。サイトやコンバージョンにつながっていないオファーですか?私たちが実際にやりたいことは、視聴者が時間を費やす場所を選択するだけでなく、キーワードフィルタにレイヤーを追加することです。これはショーターゲティングの真の魔法が発揮される場所です。多彩なリーチを使用すると、ユーザーが選択したプレースメントにいて記事がキーワード選択に合っている場合にのみ広告が表示されるようにターゲティングを設定できます。ショーのキーワードと位置の組み合わせでは、コンバージョンを受け取らない場合はプレースメントが問題ではないことを確認する必要があります。これは、手動で選択したプレースメントです。

Google show network is massive, covering more than 4 million views a day, 700 million monthly users, and achieving more than 80% of the on-line audience. With all this stock, several entrepreneurs fail with show advertising. Most marketers simply use Google default choice for display – then add key words and see what happens. They’ll use negative key words to assist them with the ad positioning, but if you just import a large number of problems from the search campaigns, frequently Google will not do a great job helping your ad.

Generally, you need just a few keywords within an ads group, and there’ll be times you’ll not even use negative keywords for show, that’s a cardinal sin to your search campaigns. In the past, Google favored a subject based approach to selecting display key words. It’s made it simpler to take your search key words and run them on show, but it still not an ideal system. An excellent starting spot for display key words is to take the broader search key words and replicate them in a show only campaign. Whether you’ve a few negative key words you really need to use – feel free, but don’t import your 1000 of problems in the display campaign.

When you’re creating display ad groups, first ascertain the ad and landing web page for each ads group. This segmentation will work for both search and show. If you simply target your display advertisements based upon keywords, not matter how well your keywords are, then you may find your advertisement on a large number of sites. AdWords provides a lot of targeting choices for display. With placement targeting, you may select an advertisement position on a website inside the Google Display Network and only show advertisements on that particular site or advertisement slot.

Using placement targeting requires the guess work out from the main keyword problem: Is it the site or the offer that isn’t converting? What we actually want to do is to select positions where our audience spends time, but additionally layer-in a keyword filter. This is where the real magic of show targeting comes into play. With versatile reach, you may set your targeting so the advertisement is only show if your user is on a placement you select and the article fits your keyword selection. With the combination of show keywords and positions, you must be sure that the placement isn’t the problem if you do not receive conversions – it is a hand picked placement.