menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

関与度 | WEBマーケティング用語

公開日:2017年02月05日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

brand revalance

ブランドの関連性を達成するということは、急速に変化するコミュニティの不安定な市場では、まさにその性質上、決して完了しない戦術的な仕事です。毎日、より多くのブランドが市場に参入します。逆説的に、その数が増えるにつれて、実際に大衆の頭の中で何か重要な立場に立つブランドはますます少なくなります。長い間、戦術的なブランド管理の聖杯は、市場でのニッチを切り開いてブランドの差別化を図り、ブランドをターゲットユーザーの前に置いています。これらの重要な区別戦略は引き続き必要ですが、有名な、貴重な、そしてとりわけ関連するブランドを創造するには十分ではありません。

市場における漸進的に無意味なブランドのこの数学的拡大により、ブランドはどのように関連性を高めていますか?単純に言えば、人間の知識のための多くのブランドの世界では、効果的なブランドは本当に重要なものを支持する必要があります。ブランドの重要性を達成することは、市場におけるブランドの最新性を維持することであり、マクロレベルではその時代に結びついています。1990年代末に始まったブランドの普及は、広告メッセージの繰り返しを通して短期的にブランド意識が向上することを要求し、成功したマーケティング戦略のルールを変更しました。

戦略的意義は依然としてありますが、単にブランドを独自の目標市場の前に維持するだけでは、ブランドがおそらく鮮度を持っているのか、あるいはおそらくは肯定的な意義があるのか​​を確認することはほとんどありません。企業、非営利団体、政府機関ともにマーケティングを採用し、広告にもっと多くの費用を費やしているため、ブランドコミュニケーションはより意味を持ち、効果的なブランド関連性を確立するために、より複雑で組織化されている必要があります。

Reaching brand relevance is a tactical job that, by its own very nature, is just never complete in the unstable markets of our rapidly changing communities. Every single day more brands enter the market. Paradoxically, as their numbers increase, you will find fewer and fewer brands that actually stand for anything important in the heads of the public. For a long time, the holy grails of tactical brand management happen to be carving out a niche in the market, reaching brand distinction, and keeping the brand before its target audiences. While these essential distinction strategies continue to be needed, they’re not adequate to create a famous, precious, nor, above all, a relevant brand.

With this mathematical expansion of progressively pointless brands in the market, how do a brand build its relevance? to put it simply, in a universe of a lot of brands for human knowledge to make sense of, an effective brand needs to stand for anything which really matters. Reaching brand importance is about maintaining the brand current in the market, and connected, in the macro level, to its times. The brand proliferation that started towards the end of the 1990 s, changed the rules for successful marketing strategies, demanding more that the usual gain in a nutshell term brand consciousness achieved throughout the repetition of advertising messages.

While still of tactical significance, simply maintaining the brand in front of its own target market does little to make sure that the brand has perhaps a freshness about it or perhaps a positive significance. As companies, non-profits, and governmental organizations alike are adopting marketing and spend more money on advertising, their brand communications need to are more complicated and orchestrated to carry more meaning and also to establish effective brand relevance.