menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、士業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、大歓迎。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

【売れるしくみのコラム No.006】行動の壁

公開日:2019年03月07日 カテゴリー:売れるしくみ タグ:

性善説や性悪説という言葉があるが、私は性弱説を信じる。

人はそもそも善でも悪でもなく、弱い生き物であるという考えである。

 

行動しなければ結果が出ないことはわかっている。

しかし、その行動がなかなか重たいのである。

 

行動できない理由を正当化してしまう。そして、実際、行動できず結果がでなくてもそれほど困らない。

それほど困らないのではあるが、そのうち、現行に矛盾が生じてくる。それをも正当化できているうちはなんとかなってしまう。しかし、ときに、いよいよそうも言ってられないことがある。

 

こうした性弱な我々は多少のことでは行動しないのである。

 

人は「気づかない」「見ない」「読まない」「理解しない」「動かない」。

 

人にとって行動するというのは、とても面倒で厄介なことである。

 

だから、自発的に行動する人は強い人に見える。

 

 

北林弘行

————————————————————————————

お問合せはこちら

お問合せ・資料請求

コメント

  1. よっしー より:

    性弱説という言い方は初めてですが、そういわれるとものすごくしっくりはまります。性弱の人であっても、それを重ね合わせることで組織として力を発揮し、目的を達するよう出来るのが望ましい組織やチームのあり方に思えますね

    • Cookai より:

      よっしーさん、ありがとうございます。
      私は、日々、自分の弱さに身悶えてますよ~。
      自分も他人も凸凹。凸凹があるから、新しいことも起こる。
      頑強なネアンデルタール人が滅び、ホモ・サピエンスが生き延びたのは弱かったから。

  2. アカギ より:

    ぐだぐだです〜、私。てか、生き物は基本怠け者ってことですね。

    • Cookai より:

      アカギさん、コメントありがとうございます。
      アカギさんが怠け者だったら、働き者がいなくなります~!

  3. アカギ より:

    隠れグダグダ何です〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です