menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、士業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、大歓迎。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

【売れるしくみのコラム No.004】第三者の声

公開日:2019年03月05日 カテゴリー:売れるしくみ タグ:

インフルエンサーという言葉もかなり一般的になりつつある。

昨年(2018年)の前半までは「インフルエンサー」といっても、あまり伝わらなかったが、同年夏頃から急速に知っている人が増えていった。SNSが浸透し、ユーチューバーやインスタグラマーがあらゆる世代で認知されていったこともある。

インフルエンサー、インスタグラマー、ユーチューバーに対しては賛否両論がある。実際、フォロワーを稼ぐために悪ノリとも言えるような行為には閉口してしまう。

一方で、SNSを通じた一般の人の影響力は無視できないものになりつつある。企業の間では「広告が効かない」ことが深刻な課題となっている。また、従来のTV広告をネット広告が上回るようになるとされ、ネットを通じた情報の重要度は増すばかりである。

 

そこで「第三者の声」について考えてみたい。

 

”ウィンザー効果”という言葉を聞かれたことがあるだろうか。

 

アーリーン・ロマノネス著のミステリー小説「伯爵夫人はスパイ」(1990)に登場するウィンザー公爵夫人の「第三者のお褒め言葉は、どんなときでも一番効き目があるのよ。」というセリフから来ている。

 

ある部長から「君はとても頑張っているな」と言われるより、先輩から「部長が君のことをいつも頑張っていると褒めていたぞ」と言われる方が受け入れやすい。

 

このことは商品や会社の紹介においても同様の効果がある。

インフルエンサーにもこうした第三者としての影響力があるが、それ以上に効き目があるのがお客さまの声である。

 

自社が「うちの商品はとても優れています」というより、第三者のお客さまが「A社の商品は優れていて、とても役立っている」というほうがずっと反響が得られる。

 

 

お客さまから褒めていただいたときは、ぜひその声を活かしてほしい。

 

 

北林弘行

————————————————————————————

お問合せはこちら

お問合せ・資料請求

コメント

  1. よっしー より:

    採用においても二者間ではない、第三者の声に絞ったサービスがあっても面白いのではないかと思った

    • Cookai より:

      よっしーさん、コメントありがとうございます。
      そういうのいいですね!
      同級生とか同僚の声とかあると参考になりますかね?
      SNSはある種、第三者の声になりそうです^^

  2. アカギ より:

    わかりやすいですねー。

    • Cookai より:

      アカギさん、コメントありがとうございますー^^
      ぜひ、第三者の声を活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です